WordPressのTwitter公式プラグイン

Webサイトのプロモーションの実験として、ブログをTwitterと連動させてみることにした。

このサイトはWordPressを使っているので、Twitter関連のプラグインがあるだろうと思い、検索したら大量のプラグインがヒットした。Twitter公式のプラグインがトップに表示され、利用者数が多いことと、TwitterのことはTwitterの人が一番詳しいだろうという判断から、ひとまず公式プラグインを試してみることにした。

プラグインを有効にすると、WordPressの各投稿にツイートボタンが表示されるようになる。ボタンを押すと、デフォルト設定では投稿タイトル、サイト名、投稿へのリンクがツイートできる。

また、ウィジェットも追加され、サイドバーにツイートやプロフィール、検索、フォローボタンなどが表示できるようになる。

WordPressの管理画面には、Twitterの独立したメニュー項目が現れる。設定項目は多くなく、ここではウィジェットのテーマ、ツイート時に追加されるユーザー名、ツイートボタンの位置とサイズが変更できる。

そして、WordPressの投稿の本文にショートコードを記述することで、Twitterの様々なコンテンツを投稿内に埋め込めるようになる。例えば、ツイートを埋め込む場合は下記のようなショートコードを投稿本文に記述する。

[tweet id="ツイートのID"]

ツイートのIDには、ツイートの右上辺りにあるアイコンをクリックして”ツイートへのリンクをコピー”を選んだ時に表示されるアドレス、もしくはアドレスの一番後ろにある数字部分を記述する。すると投稿内にツイートが埋め込まれて表示されるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です