さくらのレンタルサーバが提供するLet’s Encryptへの切り替え

2017年10月17日から、さくらのレンタルサーバでLet’s EncryptのSSL証明書の設定がレンタルサーバのコントロールパネルから行えるようになった。
これまで手動で取得したLet’s Encryptの証明書を使用していたが、更新のタイミングが近づいてきたので、レンタルサーバが提供する機能を使うよう切り替えることにした。

切り替え作業は非常に簡単で、まず、レンタルサーバのコントロールパネルの“ドメイン/SSL設定”のページを開き、手動で行った証明書の設定を全て削除する。

次に“ドメイン/SSL設定”のページに戻って“登録”>“無料SSL設定へ進む”>“無料SSLを設定する”とたどると設定が完了し、しばらく待つと、SSLが有効になる。

手動で設定をした際に“.htaccess”を編集していたが、それもそのままで問題なくサイトが動いている。

これからは証明書の更新も自動で行ってくれるようなので、管理がとても楽になってよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です