WordPressの常時SSL化

WordPressで構築したサイトにSSLを導入した際、mod_rewriteによるURLの書き換えを使ってhttp接続をhttps接続に強制的に切り替えるよう設定していたが、設定が有効に働かなくなった。そこで行った対処についてまとめてみた。

これまでは、レンタルサーバー上のWordPressをインストールしているディレクトリにある.htaccessファイルでmod_rewriteによってhttp接続をhttps接続に強制的に切り替えていた。ところが、その設定が有効に働かなくなったので、常時SSL化を行ってくれる”Really Simple SSL”というプラグインを導入することにした。

Really Simple SSLの導入

Really Simple SSLはWordPressの管理画面にあるプラグインで簡単にインストールできる。インストールしたらプラグインを有効化すると常時SSL化が完了する。mod_rewriteによるhttps接続への切り替えが働いていた時には、WordPressの投稿のパーマリンク設定を”基本”にしていないとサイトが正常に動作しなかったが、Really Simple SSLを使うとパーマリンク設定を好きなものに変更できるようになった。

プラグインの導入で起こった問題

プラグインの導入は簡単に完了したが、WordPressの特定の固定ページでリダイレクトループが発生するようになった。プラグインの提供元の情報では、リダイレクトループが発生する原因は色々あるということだが、問題が起こった固定ページのケースではパーマリンクとレンタルサーバー上のディレクトリ名が同じになっていたことが問題だった模様。固定ページのパーマリンクを変更したら問題なく動くようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です