Oracle JDKバイナリからOpenJDKへの切り替え

JAVAのアップデートの際、Oracle JDKバイナリが将来的に有償で提供されるようになり、無償でJDKを利用したい場合はOpenJDKを使用することになるというお知らせが出てきたので、現在構築してある開発環境でOracle JDKバイナリからOpenJDKへの置き換えについて調べてみた。

“Oracle JDKバイナリからOpenJDKへの切り替え” の続きを読む

Unityでゲーム開発_3Dモデルの最適化

ゲーム用の3Dモデルは処理負荷を減らすためになるべく少ない頂点数で作成することが望まれる。自作のゲーム”Neko Dash“ではキャラクター及び背景の建物のモデルを全てBlenderを使ってモデリングしたが、建物のモデルの最適化にかなり手間が掛かった。効率よく最適化された3Dモデルを作成するため、3次元CADソフトウェアのFreeCADの利用について検討してみた。

“Unityでゲーム開発_3Dモデルの最適化” の続きを読む

Unityでゲーム開発_テクスチャにライティングを焼きこむ

Unityでモバイル向けにゲームを作る場合、ライティング処理の負荷を減らすために3Dモデルのテクスチャにライティングの結果を焼きこんだものを使ったりする。 Blenderでテクスチャをベイクする手順を覚書としてまとめてみた。

“Unityでゲーム開発_テクスチャにライティングを焼きこむ” の続きを読む

ゲーム用効果音の作成環境を整える

現在作ろうとしているゲームに効果音を付けようと思い、音声データの作成についての勉強も兼ねて簡単なものを自分で作ってみることにした。Linux環境でソフトウェアシンセサイザーを利用して効果音の作成ができる環境を整える手順を簡単に記しておく。

“ゲーム用効果音の作成環境を整える” の続きを読む

Spline IKの歪みについて

Blenderで作ったキャラクターのボーンの一部にSpline IKを使用したものをUnityに読み込んだところ、Spline IKを適用した部分のアニメーションが歪んでしまった。問題の発生原因について調べたことをまとめてみた。

“Spline IKの歪みについて” の続きを読む

Unityでゲーム開発_モデルのテクスチャ作成

ゲームで使用する3Dモデルは、データサイズや処理負荷の都合からなるべくシンプルでコンパクトなものにする必要がある。シンプルな構造のモデルの見た目をよくするためにはテクスチャを作って貼り付けることになる。

Blenderでテクスチャを作成する際、細かい作業手順を忘れてつまづくことがよくあるので、まとめておく。

“Unityでゲーム開発_モデルのテクスチャ作成” の続きを読む

Unityでゲーム開発_Blenderで作ったアニメーションの取り込み

Blenderで作成した3DモデルとアニメーションのUnityへの取り込みについてまとめてみた。

“Unityでゲーム開発_Blenderで作ったアニメーションの取り込み” の続きを読む

Unityでゲーム開発_Blenderで作った3Dモデルを取り込む

オープンソースの3DCGソフトウェアBlenderで作成した3DモデルをUnityに取り込んで利用できる。しかし、Unity用のデータを作るためには気を付けなければならないことがいくつかあるので、モデルの取り込みに関する注意点を簡単にまとめてみた。

“Unityでゲーム開発_Blenderで作った3Dモデルを取り込む” の続きを読む