IonicでItemReorderのON/OFFを切り替える

Ionic frameworkにはリストの項目をドラッグ&ドロップで並べ替えるためのAPIが用意されている。この機能のON/OFFを切り替えられるようにするのに少し引っかかったので、覚書を記しておく。

“IonicでItemReorderのON/OFFを切り替える” の続きを読む

IonicのViewControllerを含むユニットテスト

Ionic frameworkのPageのユニットテストを行う際、ionic3-mocksというパッケージを導入したが、ViewControllerを含むPageのテストをしようとしたら、ionic3-mocksが提供しているモックを使うとエラーが出たので、対処方法をまとめてみた。

“IonicのViewControllerを含むユニットテスト” の続きを読む

IonicのPageのユニットテスト

Ionic frameworkはAngularをベースにしているので、Page、Component、Providerなどの部品を作り、それらを組み合わせてアプリケーションを構築していく。部品同士が互いに依存関係を持つ場合、ユニットテストを行うためには依存関係がある部分をMockで置き換える必要がある。

Ionic frameworkの公式チームが用意しているIonic Unit Testing ExampleにはNavParamsのMockが用意されていないので、NavParamsを利用するPageのユニットテストを行う場合にMockを用意する必要がある。ionic3-mocksというパッケージを導入してPageのテストを行う手順を簡単にまとめてみた。

“IonicのPageのユニットテスト” の続きを読む

Matplotlibの使い方

Matplotlibのpyplotを使うとグラフを描画できる。プログラムを書いてデータをプロットし、簡単なものなら数行のコードでグラフができる。また、範囲によって関数が変わるグラフなど複雑なものも扱えるのでとても便利。

“Matplotlibの使い方” の続きを読む

Unityでゲーム開発_どのオブジェクトが何を処理するか

Unityでゲームを作る際、複数のオブジェクトが関わる処理を行う場合にどのオブジェクトが状態の保持や処理を担当するればよいのかが、なかなかピンと来なかったりする。
なので、Unityの公式チュートリアルを題材にして整理してみようと思う。

“Unityでゲーム開発_どのオブジェクトが何を処理するか” の続きを読む

Unityでゲーム開発_公式チュートリアルで使い方の復習

1年以上前にUnity公式のチュートリアルをいくつか試してみたことがあるが、その後Unityを触らなくなり、使い方を忘れてしまった。シンプルな2Dゲームのチュートリアル(2D UFO Tutorial)で基本的な部分を復習したので、その流れを記してみる。

Unityの使い方を細かいところまで説明しているわけではないので、チュートリアルの代わりにはならないが、自分なりに作業の流れをアウトプットすることで理解が深まった部分がたくさんあった。もし、チュートリアルを試してみたけど、よく分からない部分があるという方がいたならば、オリジナルのチュートリアル作りをお勧めしたい。

“Unityでゲーム開発_公式チュートリアルで使い方の復習” の続きを読む

Visual Studio CodeとOmniSharp

現在、Unityをデフォルト設定でインストールすると、Visual Studio Community 2015が標準のコードエディタに指定される。普段、WindowsとLinuxの2つの異なる環境で同じように作業ができるように、コードエディタはAtomを使っていたので、UnityのデフォルトのスクリプトエディタをAtomに変更してみた。しかし、C#のプログラミングをサポートするomnisharp-atomというパッケージを追加したが、うまく動かないので、別のコードエディタを探すことにした。

WindowsとLinuxの両方の環境で使える、UnityのC#スクリプトを編集しやすい、なるべく動作が軽量という条件で探した結果、Visual Studio Codeにたどり着いた。Visual Studio CodeにもOmniSharpのC#向け機能拡張があり、こちらは問題なく動作するので、普段使うコードエディタを全面的にVisual Studio Codoに乗り換えることにした。

“Visual Studio CodeとOmniSharp” の続きを読む

Ionicのプロジェクトにajvを組み込む

Androidプラットフォーム向けに作成しているIonicのプロジェクトで、JSONファイルの読み込み時にスキーマをチェックするため、ajv(Another JSON Schema Validator)のパッケージを組み込んだ。

導入に当たってスムーズに行かなかった部分があったので、導入手順の覚え書きを記しておく。

“Ionicのプロジェクトにajvを組み込む” の続きを読む