Unityでゲーム開発_どのオブジェクトが何を処理するか

Unityでゲームを作る際、複数のオブジェクトが関わる処理を行う場合にどのオブジェクトが状態の保持や処理を担当するればよいのかが、なかなかピンと来なかったりする。
なので、Unityの公式チュートリアルを題材にして整理してみようと思う。

“Unityでゲーム開発_どのオブジェクトが何を処理するか” の続きを読む

Visual Studio CodeとOmniSharp

現在、Unityをデフォルト設定でインストールすると、Visual Studio Community 2015が標準のコードエディタに指定される。普段、WindowsとLinuxの2つの異なる環境で同じように作業ができるように、コードエディタはAtomを使っていたので、UnityのデフォルトのスクリプトエディタをAtomに変更してみた。しかし、C#のプログラミングをサポートするomnisharp-atomというパッケージを追加したが、うまく動かないので、別のコードエディタを探すことにした。

WindowsとLinuxの両方の環境で使える、UnityのC#スクリプトを編集しやすい、なるべく動作が軽量という条件で探した結果、Visual Studio Codeにたどり着いた。Visual Studio CodeにもOmniSharpのC#向け機能拡張があり、こちらは問題なく動作するので、普段使うコードエディタを全面的にVisual Studio Codoに乗り換えることにした。

“Visual Studio CodeとOmniSharp” の続きを読む